top of page

【E3】社会科見学 ラスピニャス教会・サラオジプニー工場

6月21日(金)社会科見学でラスピニャス教会とサラオジプニー工場へ行きました。 ラスピニャス教会では、世界最古とされているバンブーオルガン(竹で作られているパイプオルガン)を見ました。演奏を聴いたり、バンブーオルガンの歴史や日本との関わりについて学びました。

「きれいな音がする!」「演奏してみたい!」

子どもたちは興味津々です。



サラオジプニー工場では、社会科「工場で働く人たち」の私たちの身近な地域でつくられているもの【ジプニー】について学習をしました。

乗車体験で学習をしたジプニーがどのように作られているのか、実際に工場で働く人の様子を見て学びました。サラオジプニー工場では、エンジン、椅子のシート、ボディ、デザインなどさまざまな工程に分かれて、作られていることがわかりました。

質問では、「働く人のくふう」や「未来のジプニーへの考え」など疑問に思っていることを働く人に聞くことができました。

「身近なジプニーを作るのにもたくさんのくふうがあることがわかった。」

「シートがココナッツからできていることがびっくりした。」と多くの発見がありました。


子どもたちは、学習したことを新聞にまとめる活動へ一生懸命取り組んでいます。




閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page