オンラインでも
​仲間とともに学ぶ

本項では、新型コロナウィルス流行による休校措置を受け、全ての授業をオンラインにて行なっております。

Zoomアプリの機能を活用し、グループでの話し合いや、Google WorkSpaceなどのWEBツールを使ったまとめ学習など、対面授業と変わらない「主体的・対話的な学び」を​これからの未来を担う子どもたちに提供しています。

Zoomを使った
​オンライン授業

各学年でZoomの有料アカウントを取得し、1日5時間〜6時間の授業を行なっています。

チャットやブレイクアウトルームなど、Zoomの機能を最大限に活かし、オンラインの中でもクラスメートの顔を見ながら「話し合い活動」や「実践発表」など、教室さながらの授業を行なうことができています。

また、児童生徒会活動や縦割り行事など、オンラインでも「授業」だけに止まらない​幅広い活動を行いながら、「児童生徒同士の繋がり」や「自分の役割」を​感じながら学校生活を過ごすことができます。

Google WorkSpace
​による学習サポート

マニラ日本人学校は「Google Workspace for Education」の認定を受けています。

児童生徒1人1人にアカウントを発行し、課題の管理や学校との連絡、授業で使うツールなど、さまざまなGoogleサービスを活用しながら学習を行なっています。

クラスルームアプリを中心に、大容量ドライブでの文書管理、文書作成、表計算、プレゼンテーション、ホワイトボード、Eメール、WEBサイト作成、など様々なアプリを全児童生徒が「いつでも」、「どこでも」、使うことができます。

「すらら」
「e-board」
​自主学習支援

長期休業中や日常の自主学習は、

小学部では「すらら」

​中学部では「e-board」

のサービスを利用できるようになっています。

どちらも自分のペースで学習を進められるため、​授業でわからないところがあったり、転入時に日本の学校と進度がずれていたりしていても、必要なところを必要なだけ​学習することができます。

オンラインでも
主体的・対話的な
​探究学習を

マニラ日本人学校では、様々なツールを使いながら、オンラインでありながらも、児童生徒が主体的に、周りと関わりながら学ぶ授業づくりを進めています。

例えばある授業では・・・

Zoomで課題の確認

ブレイクアウトルームで

グループに分かれる

Jamboardアプリで

意見をまとめて

全体で発表

​フォームテストで振り返り