top of page

3年ぶりの早稲田渋谷シンガポール校説明会


早稲田渋谷シンガポール校の倉橋先生による学校説明会が小学5年生から中学3年生の児童生徒と、その保護者の方を対象に行われました。コロナ禍でここ3年間は実施されていませんでしたが、MJSがパラニャケにあったころから毎年開催されていた説明会です。今回は学校説明の内容に加えて、国数英の効果的な勉強方法を、具体的な例とともに示していただきました。

国語 記述問題 (問題を通じて作問者と対話する)

         ①本文を読み取る。 

         ②設問文を読み取る。

         ③解答を正しく記述する。   

         

数学      (問題の答えがあっているかだけでなく、正しい解法を反復練習で身に付ける)

   基本問題  ①同じ問題を、解法を変えながら反復して解く。(早く正確に解く力をつける)

   標準応用  ①できるところまでやり、そのあとは解説を見て解法を見る。(時間をかけない)

         ②もう一度最初からやり直して解けるところまでやり、解説を見て解法を確認。

         ③自力で完全解答できるまで繰り返す。

         

英語 表現力UP (日常の行動の説明、理由を含めた表現、体験や読み物から学んだことなどを英文にする練習)

         ①日本語→英語だけでなく、日本語→別の日本語→英語で訳して考えてみる。

         ②具体的な状況⇔抽象的な状況に切り替えて考えてみる。

         ③否定内容⇔肯定内容に切り替えて考えてみる。

         


小学生にとっては難しかったかもしれませんが、みんな真剣に聞き入っていました。

     

閲覧数:133回

最新記事

すべて表示
bottom of page