top of page

開くと向こう側には・・・?

 小学部3年生は、図画工作科「ひらいて広がるふしぎなせかい」の学習で、絵の中に開く仕組みを作り、想像した世界を描いています。

初めに、カッターで紙に切り込みを入れ、開く仕組みを作りました。

「わぁ~!窓みたい!面白い。」

「お花の形も作れるかな?」







雲やお菓子、星など

子ども達はイメージに合わせ、開く仕組みを楽しそうに作っていました。


「開いたら、どんな世界が広がっていると楽しいかな?」




「これは心の扉。開くと太陽が見えるんだよ。」




「開いた向こう側には、虹が広がってるんだ。」



子ども達は想像を膨らませながら、夢中で色を塗っていきます。

2月になったら、職員室の前に作品を掲示するので、ぜひ見てくださいね。



閲覧数:68回

最新記事

すべて表示
bottom of page