top of page

詩を読んで描いてみよう!

小学部3年生は、図画工作「ことばから形・色」の授業で、詩を読み、思い浮かべたことを絵に表す学習をしています。


素敵な『あめあがり』の詩を読み、子ども達は考えます。

「光のシャワーが窓に差し込む感じかな。」

「雨上がりってことは、まだ少し雨が降っているんじゃない?」

「カエルやカタツムリもいそうだね。」

「雨上がりって涼しいよね。少し風が吹いていそう。」


子ども達は想像を広げ、思い付いたことを話し合い、楽しそうに絵を描いていきます。


「さぁ、いよいよ本番!大きな画用紙に描くよー!」


前回の学習「絵のぐ+水+ふで=いいかんじ!」で学んだ事も活かし、絵の具やクレヨンでいきいきと作品を描くことができました。


「雨が上がったばかりだから、太陽に少し雲がかかっているようにしたよ。」 「お日様の光のシャワーを描いたよ!」


詩から想像した子ども達の素敵な作品が、次々と乾燥棚に並びます。

次回は、楽しい発表会となりそうです。
















閲覧数:244回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page