算数の図形は、、、ウルトラマン?!


4年生の算数科「四角形の特ちょうを調べよう」のお話。



「垂直」「平行」などの新しい言葉がでてきました。また、それらを三角定規をつかって書くこともしています。


「垂直」は2本の直線が直角の関係にあることですが、接していても、交わっていても、また、離れていても垂直です。

「直角」は角度の言葉です。ややこしいので、教えるほうも間違えないように、かんちがいさせないように話をします💦

「平行」はノートの線のようなものなのです。だがしかし、日本語で説明すると、「1本の直線に垂直な2本の直線」となり、またまたややこしい💦となります。

ということは、電車の線路は、、、、。そうです!

           線路は、、、、平行な線とは言えないのです( ゚Д゚)。

なかなか4年生の算数はむずかしいですね。

 わかりやすい授業を目指すため、ウルトラセブンのスペシウム光線(古い(*_*))をしてもらい、垂直を体感させています。とても楽しそうです。


 

 わからないときに、「ちょっとわかりません。」と言える子ども達。えらいなあと思います。私はつい知ったかぶりしてしまう時があります、というか多いかもです(-_-;)














62回の閲覧

最新記事

すべて表示