中学部 弁論大会

 思い…これは、100人いれば100通り存在するものです。「皆違って、皆いい…」この言葉通り、

それぞれが抱く考え、思考が違うからこそ、おもしろいですね。

 昨日、中学部 弁論大会が第一体育館にて開催されました。

中学部の3学年それぞれから選ばれた弁士が、それぞれの

テーマに沿って熱弁していました。身振り、手振りを交えて、

聞き手に届く話し方だったり、自分の体験談を話したりと、

説得力のある内容でどれも聞きごたえがありました。

 内容もさることながら、それ以上に私が一番驚いたのは、

「これが中学生なのか?」ということです。大勢の前に立って

話すこと自体が凄いことなのに、聞き手に訴える表現力、言葉

選び等々、本校の生徒の凄さを改めて思い知った時間でした。

 また、聞く側の態度も本当に素晴らしかったと思います。

会の前に、「弁士が話しやすい環境を作ってあげましょう」と

伝えましたが、そんな一言は不要でしたね。まさに、「生徒の

皆さんの手で作り上げた弁論大会であった」と私は感心しました。

 1学期最後の行事の弁論大会…「終わりよければ、すべてよし」

とあるように、この1学期の締めくくりが見えた瞬間であり、

また、「始めよければ、半ばよし」とあるように、1学期の

スタートがしっかりきれたからこそ、この弁論大会の成功にたどり

ついたんだと思います。

 生徒の皆さん、ありがとうございました!


閲覧数:129回

最新記事

すべて表示