いろんな虫をつかまえたよ!

1年生は、生活科の学習で、校庭や中庭に出て虫とりをしています。


初めは、上手く捕まえることができなかった子ども達ですが、回数を重ねるごとにバッタや蝶、トンボ


などたくさん捕まえられるようになりました。


「まてまて~!」と夢中になって虫を追いかける子ども達。


虫に気付かれないようそっと近づき、捕まえると「みんな~!こっちきて~!」と大興奮!


虫が苦手な子も興味津々で友達の捕まえた虫を見て、「捕まえてみたい♪」と積極的に活動に参加して


いました。


教室に戻った後は、みんなで捕まえた虫を観察しました。


「トンボの羽がきれいだね。」「バッタはあしが長いね。かっこいい!」と気付いたことや感じたこと


を話したり、「これは触角っていうんだよ。」と昆虫に詳しい子が教えてくれたりしました。


この学習が始まってから、休憩時間にも、嬉しそうに虫とりに行く子どもの姿をよく目にしました。


「この虫はレベル5だね。」と子ども達の中で、虫の捕まえやすさをレベルで表したり、蝉の抜け殻を


見つけたり、捕まえたバッタを育て、草を食べる様子や脱皮後の抜け殻を観察したりもしました。



1学期、子ども達は生活科の学習を通して、様々な虫と触れあうことができました。


さて、2学期はどんな生き物に出会えるでしょうか?楽しみですね。











閲覧数:165回

最新記事

すべて表示