【小学部3年生】日本の家族に、フィリピンのよさを伝えたい!

 小学部三年生は、MJSフェスティバルでフィリピンの食・動物・ヒーロー・観光地…それぞれが興味のあることを調べて、まとめて、発表をしました。今度は総合的な学習の時間を使って、調べたことを基に、日本に住む家族にフィリピンの魅力を伝えるため、ニュース番組を作ることにしました。


 「フィリピンはクリスマスが日本より長いよ!」「私はランブータンを食べたことがあるけれど、おじいちゃんやおばあちゃんはきっと食べたことないと思うな。」と、子ども達は思い思いに伝えたいことについて意見を交わしました。次に、「クリスマスの歌を歌おう!」「タガログ語のクイズをしてみよう!」「リポーターになって中継してみよう!」と、どうすれば番組として楽しく役に立つことを伝えられるのか、豊かな想像力で話し合いました。


 日本の家族をつないでの学習発表会は、11月下旬を予定しております。海の向こうに住む、なかなか会えない家族に、元気な姿、成長した姿を見てもらえるように、日々準備を進めています。




62回の閲覧

最新記事

すべて表示